スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして千波湖ってデカバス結構釣れるのかも・・・

という訳で、執筆日6月19日からおよそ一か月前に十年ぶりくらいに千波湖でバス釣りをしたのですが、思いのほか釣れました。

一か月前の情報なんて遅れすぎな感じですが、決して記事を書くことが面倒くさい訳ではないんですよ・・・


その時の状況を簡単に書いてみると、スポー二ングの真っ最中でプリ3割、ネスト5割、アフター2割みたいな感じでした。

個人的にはネストを釣ってもなんだかなぁと考えていたので、狙いはアフターのメスかプリのメスだったのですが、結果から言ってしまうとフライ(バスの稚魚)を守っているオス1匹とプリのメス1匹が釣れました。



DSC_0419.jpg

この画像はプリのメスです。

使ったルアーはプライアルのファーストクランク35でした。

釣り方はセレクティブなメスを繊細なアプローチで釣りました! キリッ(・`д・´)

・・・みたいな最もらしい事を書きたかったのですが、たまたま目の前をふらふらと泳いでるバスを発見して「こんな目の前を泳いでちゃ釣れないだろうなぁ、でもとりあえず投げてみよ」と適当にキャストして適当にただ巻きしてたら釣れてしまいました(´・ω・`)

釣りってそんなもんだったりしますよね・・・



DSC_0420.jpg

このバスはフライ(バスの稚魚)を守っているオスです。

ルアーは今は亡きケンクラフトのTrapper5でした。

「フライ(バスの稚魚)を守っているオスです」と書いてありますが、それが分かったのはこのバスを釣った後キャストした場所を見てみると沢山のフライが泳いでいたからです。

釣れた瞬間は「やっぱナーバスなプリのメスにはスローなアプローチだぜッ!」なんて思っていましたよ。



DSC_0418_20170619033219e78.jpg

おまけにナマズまで釣れてくれました。

いやぁ驚きです。

通行人のおばさん(おねえさん)も驚きのあまり写真を撮らせてくれと言ってきました。

興奮して撮った時の写真って後から見返すと「なんで撮ったんだろう?」と感じてしまう事は良くある事だと思うのですが、おそらくこのおばさん(おねえさん)も今頃「なんだこの写真?」と思っている事でしょう。



・・・と、そんな感じの釣果でした。


一応このブログは初心者から中級者に向けてのハウツーブログとしてやっていこうというポリシーがあって、それなのにこんな適当な感じで良いのだろうか?とも思うのですが、今回の記事で何が言いたかったのかと言うと、「こんな適当な感じでも釣れてしまう千波湖って意外と簡単なんじゃないか?」と言う事です。


魚を釣るためにはまず魚が釣れる場所で釣りをしなければいけない訳ですしね。


とは言えこの時の釣果は執筆日6月19日からおよそ一か月前の話で、その時の情報はきっと役に立たないハズなので今の時期に釣れるんじゃないかなぁと思う釣り方を書いてみようと思います。

今は梅雨で恐らくバスのコンディション的にはほぼアフターだと思います。

産卵を終えた、もしくはネスト守り切って超お疲れなバスはあまり早い動きをするルアーや、サイズが大きすぎるルアーでは釣れにくくなるかと思います。

そしてそんなお疲れなバスは恐らく岸際のストラクチャーに力なく寄り添って簡単に捕食できるエビや虫を食べて体力を回復しているハズです。

以上の事から考えると恐らく近代美術館前付近の杭護岸際をスモラバ、ノーシンカー、虫系ルアーで釣るのが最も今の時期釣れる釣り方なのかなと思います。

少なくとも僕ならとりあえずこの釣りをやっていると思う。



「じゃあやればいいじゃん」という感じですが、なんでやらないのかというと、やらないのではなくやれないから。

やれない理由は海がいい感じに釣れてきているから(´▽`*)

冒頭のブログが書けない理由も海がいい感じに釣れているせいなのです。

とても忙しいのです。

全部海が悪いのです。

毎回残業(釣りの)ばかりです。

釣り社畜状態なのですよ。



ああ、それともし千波湖で釣りをしてみる気になってしまったのであれば水鳥保護区域があるので注意してください。



senbako.png
~~引用元「http://www.city.mito.lg.jp/001373/senbako/sbkkankyo/p011970.html」~~















スポンサーサイト

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ネストに入る前のメスバスの釣り方



とうとう桜も開花して、ブラックバスの世界でもオスがネストを確保するようになってきました。

早春ではデカいメスはプアなフィールドならミノー、もしくシャッドのトウィッチ、カバーが多いフィールドならシャッド系ワームトウィッチなどで比較的簡単に釣ることができますが、オスがネストとなる場所を確保して、その周りをデカいメスが群れで回遊している状況ではミノーやシャッドのトウィッチで釣ることが難しくなってきます。

例えるなら熟れたアラフィフ熟女が若い男の周りをウロウロしながら品定めしている状況なのです。

彼女たちにとっては飯なんか食ってる場合ではないハズです。


皆さんもネストを確保しているオスの周囲を回遊しているアラフィフ熟女がなかなか釣れずに頭を悩ませているのではないでしょうか?

そんな熟女好きな皆さんのために今回はこの時期(執筆時4月12日)になると毎回悩まされる、ネストに入る前のメスの釣り方について書いてみようと思います。



簡単に言ってしまうと、その釣り方とは「ネストの前で身を隠しながら回遊してくるメスを待ち伏せしてスローにフォールする小さいワームのノーシンカーを使ってサイトで釣る」というものです。

具体的な方法を箇条書きにしてみると・・・


1.ネストの前で身を隠す
2.メスが回遊してくる
3.魚にラインが被らないようにルアーをアプローチする
4.ルアーを漂わせるかのようにスローにフォールさせる
5.メスがルアーに気づいて寄ってくる
6.その時のレンジをキープしながら漂わせるかのようごくゆっくりリトリーブする


この釣りで重要なポイントは「ワームは派手に動かさない」事です。

サイトフィッシングのテクニックとして鼻先まで近寄ってきたバスに「とどめの一撃」的な軽いトウィッチで食わせる方法はこの時期のデカいメスには通用しないみたいです。


するとこんな感じのバスが釣れます。

DSC_0373.jpg


ちなみにこの釣りではショートバイトな事が多いので、バイトしてきたことがすぐにわかるよう視認性の良い色のルアーを使って下さい。

今回僕が使ったワームはたぶん今は亡きポパイで販売されていたシャッド型のワームです(名前は忘れた)

このワームに書かれたやる気のない目が視認性の確保に凄く役立ちました。

DSC_0374.jpg


ワーム自体の色が派手では釣れる気がしないという方は、白か黄色の油性ペンでマーカーを書いてあげると良いのではないでしょうか?。


「ネストの前で身を隠しながら回遊してくるメスを待ち伏せしてスローにフォールする小さいワームのノーシンカーを使ってサイトで釣る」と初めに書きましたが、小さいワームを使わなければならない理由は、この時期のメスはショートバイトしてくるので大きいワームでは針までくわえきれないと言う事と、今回釣りをしていた場所がカバーだらけだったからです。

どんなルアーを選択するかはスローにフォールすることが重要なので、皆さんのよく行くフィールドがもしプアなフィールドならスローにフォールさえすれば13センチのプラグだろうと何だろうと良いと言う事です。

好きなメーカーのルアーを使って下さい。



ちなみに色々とネストの周囲を回遊しているメスの釣り方を書いてみましたが、難易度的には超絶高い釣りです。

そもそもサイトフィッシング自体が難しいからです。

魚にプレッシャーを与えない距離感をつかむ事とプレッシャーを与えない位置への正確なキャストができるようになるには慣れが必要です。



そんな難しいネストの周囲を回遊しているメスですが、以下の条件が加わるとバイトする確率が上がります。

・メスが見ている前でブルーギルがルアーをつついた
・単体のメスではなく複数のメスで回遊している

これは自分ではどうすることもできない要因ですが、この条件が加わった時に上手く釣れるようサイトフィッシングの練習をしてみると良いのではないかと思います。



これできっと気難しいアラフィフ熟女を落とせるハズです★




P・S

僕は25~30(キーパー)が好き









テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釣り診断



世の中にはネット依存症と呼ばれる人達がいます。


(このブログを読んでいる数少ない)皆さんから見てこの「ネット依存症」と呼ばれる人達をどのようにとらえるのでしょうか?

少なくとも僕は現実世界に居場所のない哀れな人達だと思っていました。


ところで世の中大変便利になったもので最近ではWEB上でネット依存診断をできるみたいです。

ネットサーフィン(死語?)してたら発見しました!

皆さんもやってみて下さい。

ネット依存診断



どうでしょう?

もちろん僕は全くネットに依存していませんでした。

なにせ僕には現実世界に足場がありますからね!キリッ(・`д・´)







では先ほどやったネット依存診断の「ネット」を「釣り」に置き換えてもう一度診断してみて下さい。

ネット依存診断



どうでしょう?

残念な事にかなり依存度の高かった人が多かったのではないでしょうか?

僕ですか?もちろん医者のカウンセリングが必要なレベルで依存してましたよ(´▽`*)


そうです。哀れだと思っていたネット依存症の人達と同じ結果だったのです。



なので釣りに限らず何かに没頭している人はネット依存症の人達と何も変わらないのです。


まともな人になりたければすぐに医者のカウンセリングを受けて下さい(´▽`*)



ですが、世の中には病的に何かに没頭した結果、まともな人にはできない事をやって社会に利益をあたえたというケースもあるので一概に悪い事とは言えない気もします。

まぁ病的に何かに没頭しても世間から良い評価をされなければ、ただの頭のおかしい人なんですが・・・



釣りに、あるいは他の何かに没頭している人が運良く世の中から良い評価をされることを願っています(´▽`*)





P・S

と言っても僕はキチンと働いてますから!まともですからっ!








テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

lulog.netにユーザー登録しなくてもコメントが書き込めるよう修正しました!


タイトル通りなのでこれ以上何も書くことがないのですが、それもなんだか味気ないので年始の釣行の事など少し書いてみます。

毎年1月3日は釣り仲間と集まって管理釣り場に行く事が恒例行事となっているのですが、今回は栃木の管理釣り場に行ってきました。(名前を忘れた)

沢山のお客さんで賑わっていて、こんなに人が居て釣れるのか?と思っていましたが凄く釣ることができました。

本当ならこのブログにその時釣れた魚の写真を載せるべきなのでしょうが、あまりにも釣れるので、釣りに夢中になってしまい写真を撮ることを忘れてしまいました・・・


釣りに限らず、食べログで評価の高い店に行ったときなども、食べることに夢中になって食べ終わってから写真を撮ることに気づく事が多々あるのです。


思い返してみると、小学生の時も忘れ物を取りに2回くらい家に帰った事があったり、絶対に真っすぐ家にかえらなかったり、注意力が散漫というかおっちょこちょいという感じでした。

そんなわけで何が言いたいかというと、僕がブログの写真を撮り忘れる事は昔からの資質なのでしょうがないと言う事なのです。

だって持ってる資質って本人の努力ではどうしようもないじゃないですか(´▽`*)


と、管理釣りの話から資質の話に脱線してしまったのですが、資質に関する良い小話でもあれば良いのですが、残念ながら何もなかったりします。




書いていて思ったのですが、画像もないし、釣り場の周辺施設の情報とか、釣り方とかタックルの情報とかも無い釣りの話とかなんの役にも立たないハズなのでlulog.netの方向性について僕が考えている事を書いてみたいと思います。


釣り具屋って楽しいじゃないですか、たとえば友達と釣具屋に行ってこのルアーは釣れるとか、釣れないとか話したり、
見たことない変なルアーがあるとか、このルアーはバス用だけどシーバスでも使えるかもしれないとか・・・

で、現実世界の釣具屋だったら何も買わずに何時間も釣り具を見てるだけという訳にもいかないし、ご飯を食べたり飲み物を飲んだりすることもできないハズですよね。

それがWEBの世界だったら何時間いても、ご飯を食べていても、飲み物を飲んでいても、お酒を飲んでいても誰にも怒られないですよね。

lulog.netは釣り人が沢山のルアーに囲まれて、それを眺めて釣行の妄想をしたり、ルアーについて語り合ったり、だらだらとした釣り人の憩いの場になれば良いなと考えています。

そして皆さんが沢山のルアーに囲まれるには僕一人の力では限界があります。皆さんの協力が必要不可欠なのです。このサービスは皆で作っていくものだと僕は信じています。


・・・なんだか熱い感じの話になってしまいましたが、釣りに行けない暇な時にでも使ってみて下さい(´▽`*)

lulog.net

lulog-logo.png









テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

lulog.netに微妙な修正をしました。

という訳でlulog.netに微妙な修正をしました。

どういう内容かというと、管理画面からルアーについたコメント数を見ることができるというものです。

なんで修正したのかというと、前回「WhatIsThis?」という機能を追加したのですが、これは名前のわからないルアーにコメントで名前を教えてあげるという機能で、教えてもらったほうはコメントの有無に気づかず放置してしまうのではないか?と思ったからです。

そんなわけでとりあえずコメント数が見れれば放置しにくくなるのではないでしょうか?

暫定的な修正ですが、コメントを見逃さないもっと良いアイデアを思いついたら技術力の限り、がんばって実装してみようと思います。



なんだか毎回サイトの宣伝ばかりで申し訳ないような気がしますが、よかったら使ってみて下さい。


lulog.net

lulog-logo.png








続きを読む

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

 ツルヲ

Author: ツルヲ
茨城の釣り情報を公開していきます。


作ったから遊びに来てね! → ブログの管理人が作ったルアーマンのためのWEBサービス「lulog.net」
ルアーでつながるSNS「lulog.net」





釣りとは全く関係ないふざけたWEBサービス→「三行でまとめたったー」


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。